コンサート情報


PDF

2019年12月24日(火)
フリーリードのミューズたちが贈る音楽ファンタジー“くるみ割り人形”

開場18時30分 開演19時00分(終演予定21時00分)

出演者

山下 伶(クロマチックハーモニカ)
南川 朱生(鍵盤ハーモニカ、鍵盤笛)
巡〜MeguRee〜(アコーディオン・デュオユニット)
m.s.t.(ピアノ&ベース)& 山下あすか(パーカッション)
山﨑 薫(ナレーション)
侘美 秀俊(音楽監督)


今をときめくフリーリード楽器のミューズたちが織りなす音楽ファンタジーで素敵なクリスマス・イヴを彩る!
「フリーリード」という楽器のジャンルをご存知ですか?
片側が固定されたリード(薄片)に空気を送り込むことで振動させて発音する楽器属のことを「フリーリード楽器」と呼びます。代表的なものに、ハーモニカ、アコーディオン、鍵盤ハーモニカ、バンドネオンなどがあります。邦楽器の笙(しょう)もフリーリードの仲間です。きっと誰もが、小学校の音楽の授業でこのフリーリード楽器を経験しているのではないでしょうか。
比較的簡単に音を出せるので、音楽教育楽器としての側面もありますが、これらの楽器をソロ楽器として演奏活動を展開しているアーティストが実はたくさん存在します。このコンサートでは、そのようなフリーリード楽器奏者の中でも、魅力溢れるパフォーマンスで注目を集めている、3組の女性アーティストにご登場いただきます。
第1部は、それぞれのアーティストの魅力をご堪能いただくオムニバス・ステージ。
第2部では、作曲家侘美秀俊氏を音楽監督に、女優の山﨑薫をナレーターに迎え、このメンバーでしか表現できない「くるみ割り人形」を題材とした音楽ファンタジーをお贈りします。

Event Info

公演名 フリーリードのミューズたちが贈る音楽ファンタジー“くるみ割り人形”
日 時 2019年12月24日(火)
開場18:30/開演19:00(終演予定21:00)
会 場 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール [交通アクセス]
東京都渋谷区桜丘町23-21(JR・私鉄各線「渋谷駅」西口より徒歩5分)
チケットについて S席4,900円/A席3,900円(全席指定/税込)

JPMAフレンズ・クラブ プレミアム会員 (個人・法人)10%割引き
※未就学児入場不可
※会員割引販売は、JPMAのみ取り扱い。
※車椅子席をご希望の際は、事前にJPMAまでお問い合わせください。
[客席図]
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付:2019年9月25日(水)〜 9月30日(月)
一般発売:2019年10月1日(火)
チケット取扱い ◎日本ポピュラー音楽協会 03-3585-3903[平日10:00~18:00](決済は郵便局振込のみ)
 WEBフォームからのお申し込み
 TEL 03-3585-3903(平日10時00分~18時00分)
 FAX 03-3585-3915
◎各種プレイガイド
 チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:166-012】
 ローソンチケット 0570-084-003 【Lコード:73613】0570-000-777(オペレーター対応)
 e+
 CNプレイガイド 0570-08-9999
関係企業・団体 主催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会 (JPMA)
制作協力:有限会社ビー・ヴォイス/鍵盤ハーモニカ研究所
協賛:株式会社谷口楽器
   株式会社鈴木楽器製作所
   鈴木楽器販売株式会社
後援:NPO法人 日本アコーディオン協会(JAA)
   株式会社トンボ楽器製作所
   株式会社池部楽器店 鍵盤堂
お問い合わせ 一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会(JPMA)
TEL:03-3585-3903 (平日10:00~18:00)
FAX:03-3585-3915
E-Mail:info@jpma-jazz.or.jp
  • クロマチックハーモニカ
    山下 伶(やました・れい)
    埼玉県春日部市出身。桐朋学園芸術短期大学音楽専攻(フルート)卒業。卒業後クロマチックハーモニカの音色に魅せられ、日本を代表するクロマチックハーモニカ奏者の徳永延生氏に師事。 2014年 第34回F.I.H. JAPAN ハーモニカ・コンテスト総合グランプリ受賞。2016年、ビクターエンタテインメントよりアルバム『Beautiful Breath』でメジャーデビュー。2017年2枚目のメジャーアルバム『Candid Colors』を日本コロムビアよりリリース。
    2018年8月 第6回ソウル国際ハーモニカフェスティバルに審査員、ゲストプレーヤーとして参加。
    2018年、3枚目のメジャーアルバム『Dear Darling』を日本コロムビアよりリリース。アルバム収録共作曲「晴れのち晴れ」が日本テレビ系 news every. お天気コーナーテーマソングに採用。ジャズ専門雑誌 JAZZ JAPAN AWARD 2018 制作企画賞 受賞。
    2019年4月4日テレビ朝日系「じゅん散歩」、9月7日テレビ朝日系「題名のない音楽会」等、メディア出演も多数。
    2019年8月12日「第51回サーマージャズ」にて寺井尚子、森口博子と共演。
    出身地、埼玉県春日部市に2019年4月開校した春日部南中学校の校歌、作詞、作曲を担当。


  • 鍵盤ハーモニカ、鍵盤笛
    南川 朱生(みなみかわ・あけお)
    鍵盤ハーモニカをピアニカ前田、松田昌、夏秋文彦の三氏に、鍵盤笛をケーナ奏者・作曲家の岩川光氏に師事。
    日本を代表するカリスマ女子奏者として様々な鍵盤ハーモニカイベントに多数ゲスト出演。
    東京都認定パフォーマー「ヘブンアーティスト」ライセンス所持。
    世界にも類を見ない、鍵盤ハーモニカのソロ独奏というスタイルで、多彩なパフォーマンスを行う。
    所属カルテット「東京メロディカオーケストラ」は、海外圏から高い評価を受け、米国を中心にYoutube動画が31万再生を記録、同作品をきっかけに英国の世界的クラシックラジオ番組「classic fm」に取り上げられる。これまでにCDを計7作品をリリース。

    現在、研究事業機関「鍵盤ハーモニカ研究所(http://melodicalabo.com)」のCEOとして、情報サイト運営の他、多岐にわたる研究実績や圧倒的な知識と知見をベースに、愛好家向けイベント主催、また研究家としてゲスト登壇多数。
    近年は海外コミュニティでの積極的なディスカッションやオンラインコラボレーションをはじめ、国内外の鍵盤ハーモニカ関連の論文インタビュイーや、アジア各国への楽器寄贈支援、大学等の学術機関で講義を担当するなど、楽器の普及と改善に向け活動している。


  • アコーディオン・デュオユニット
    巡〜MeguRee〜(めぐり)
    ピアノデュオをしていたMemeとReeが、偶然にも同時期にアコーディオンを始める。
    2015年6月 ツインアコーディオンデュオユニット“Memery”を結成。
    2016年9月 「第28回関東アコーディオン交流会」重奏部門第1位。
    2016年11月 名古屋にてワンマンライブデビュー。
    2017年10月「第7回JAA国際アコーディオン・アンサンブルコンクール」最優秀賞受賞。
    2017年12月 アコーディオ二ストcobaが主催するアコーディオ二ストの登竜門
    「Bellows Lovers Night vol.16」に出演。
    それぞれが作曲、編曲も手掛け、情熱的なタンゴ好きな2人ならではの世界観で魅了し、好評を得る。
    2018年 ユニット名を巡~MeguRee~(読み:めぐり)に改名。
    2018年11月9日 デビュー・アルバム『ACCORDION ACCORDION』をSHINKO MUSIC RECORDSよりリリース予定
    現在、様々なミュージシャンと共演し、イベント、レコーディング、LIVE演奏等、全国各地にて幅広いジャンルで演奏活動中。


  • ピアノ&ベース
    m.s.t.(エム・エス・ティー)
    ピアニスト持山翔子とベーシスト小山尚希のユニット、m.s.t.(Make the Scenery Tune〜景色に音を〜)。2011年本格活動開始。
    日常の小さな出来事をテーマにしたオリジナル曲たちは、叙景的かつスリリングな展開で観客の共感を得ている。音楽大学出身の二人によるクラシックをベースにした独自のアレンジで、ジャズスタンダードや映画音楽なども演奏。これまでにミニアルバム4枚、フルアルバム2枚をリリース。
    国際作曲コンペティション(ISC)2015にて、楽曲"Karkinos"(『predawn~景色と連なり~』に収録)がファイナリスト選出。アルバム『緑と風』が Jazz Life DISC GRAND PRIX 2017 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーにて New Star 賞を受賞。スペシャルゲストとして神保彰氏(Drums)や NAOTO 氏(Violin)を迎えてのライブも成功させている。
    2019年11月にはNewアルバム『Days』をPlaywrightレーベルよりリリース。


  • パーカッション
    山下あすか(やました・あすか)
    1995年3月22日名古屋生まれ。学生時代よりメジャーアーティストや多数の著名ミュージシャンとのセッションライブ、サポート、テレビCMやアニメ、ゲーム音楽等のスタジオワーク、各地方でのツアーにも勢力的に活動中。一昨年7月、自身初のソロアルバムも全国流通開始。
    近年の著名共演者、サポートレコーディング参加アーティスト:ブラザートム、リバース・クオモ、スコット・マーフィー、高中正義、村上ポンタ秀一、斉藤ノヴ、Wille Weeks、ジャンクフジヤマ、Beverly、中西圭三、山崎育三郎、soratobsakana、エハラマサヒロ、GReeeeN、堂珍嘉邦、森崎ウィン、岡本真夜、星野みちる等他多数。


  • ナレーション
    山﨑 薫(やまざき・かおる)
    舞台俳優、歌手。全国「叱られて」歌唱コンクール「学生の部」清水かつら大賞受賞。浦和第一女子高等学校在学中、音楽部学生指揮者を務め、朝日新聞社主催、全日本合唱コンクール優勝に貢献。その後、文学座附属演劇研究所、新国立劇場演劇研修所を経て、舞台『藪原検校』(井上ひさし作/栗山民也演出/野村萬斎主演)でデビュー。主な作品として、『炎立つ』(栗山民也演出/片岡愛之助主演)、『海の夫人』(イプセン作/宮田慶子演出/麻実れい主演)、『桜の園』(チェーホフ作/鵜山仁演出/田中裕子主演)、『浮標』(長塚圭史演出/田中哲司主演)、『オマエは渋谷の夜回りおじさんじゃない!!』(堀内健[ネプチューン]、出川哲朗主演)、『袴垂れはどこだ』(シライケイタ演出/山﨑薫ヒロイン)他多数。新・春日部市施行10周年記念式典にて国歌斉唱。春日部警察署一日警察署長。地元埼玉春日部を中心に歌手活動も精力的に続けている。


  • 音楽監督
    侘美 秀俊(たくみ・ひでとし)
    北海道帯広市生まれ。武蔵野音楽大学卒業。
    作曲楽曲の提供は、陸上自衛隊音楽隊の委嘱作品、国民体育大会や音楽ホールのためのファンファーレ、劇場上映映画のオリジナルサウンドトラックから、演劇舞台のための音楽、こどものためのオペレッタまで多岐にわたる。主な著書に『中学生・高校生のための吹奏楽楽典・音楽理論』(シンコーミュージック刊)『マンガでわかる!音楽理論 1〜3』『できる ゼロからはじめる楽譜&リズムの読み方 超入門』『できる ゼロからはじめるパソコン音楽制作超入門』『3つのケーススタディでよくわかるオーケストレーション技法』『ProTools12 Software徹底操作ガイド』『ちゃんとした音楽理論書を読む前に読んでおく本[増補版]』(以上リットーミュージック刊)がある。
    H-t studio、北海道作曲家協会会員。


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ