特集

インタビュー Vol.04 丈青 & ハクエイ・キム
“ツインピアノデュオバトル”で初共演!

◎まずは生い立ちからお聞かせください。
●出身地、生年月日を教えてください。

丈青:広島、1975年10月30日です。

ハクエイ・キム:京都、1975年5月6日です。

●楽器に触れたのは何才頃ですか?

丈青:3歳でグランドピアノからはじめました。

ハクエイ・キム:5歳でピアノからはじめました。

●いちばんはじめに演奏した曲は覚えていますか?

丈青:
ぜんぜん覚えてないです・・・。だって3歳ですからね(笑)
曲は弾いてないんじゃないかな。遊んで弾いていた感じだと思います。(少し大きくなってから)クラシックは好きで弾いていました。

ハクエイ・キム:
覚えていないのですが、ドレミファソラシドに色をつけて遊んでいたのは覚えています。それからクラシックを練習するようになりました。

●ピアノはずっと続けていたわけですよね?

丈青:
いや、小学5年ぐらいで一度やめました。クラシック界がつまらなくなった時期で。それに、ギターにもあこがれて・・・。

ハクエイ・キム:
それが中学1〜2年のときに野球にのめりこんでいて、そのときは弾いていませんでした。

●そして、ピアノを再度はじめたのはいつごろですか?

丈青:
高校生のころです。ピアニストとしての仕事が入りだして。ギターが好きでけっこう練習していたのだけど、仕事として入ってくるのがピアノでした。

ハクエイ・キム:
野球に限界を感じて、中学3年のときに再度ピアノをはじめました。

●(丈青さんへ)もし、いまギターの仕事が入ったら受けますか?(笑)

丈青:
それはないですね!高校生のときだったら受けていたとおもいますけど。

●(丈青さんへ)そして97年にNYへ行かれたきっかけや体験談などをお聞かせください。

丈青:
友人がNYに住んでいて行ったのだけど。そこで本場のジャズを体験したらジャズが大好きになったんだよね。それまで日本にいてもジャズはピンとこなかったし、そんなに興味はなかったです。

●(丈青さんへ)NYから帰ってきてジャズピアノを本格的にやってみようと思ったということですか?

丈青:
いやいや、好きなジャンルが一つ増えたという感じです。ヒップホップでもJ-Popでもロックでもブルースでもかっこいい音楽ならなんでもやってますから。ただジャズの仕事は多いです。ピアノは花形になれるパートだし、だから仕事も多いのだと思う。

●(ハクエイ・キムさんへ)ジャズ・ピアノへと転向していく過程を教えていただけますか?

ハクエイ・キム:
とあるポップスのコンサートに友達に誘われて行ってから本格的に活動したくなり、高校のときはロックが好きだったのでバンドでKeyを弾いていました。高校卒業後はオーストラリアへ留学して、現地のジャズピアニストと出会ってジャズピアノに目覚めました。オーストラリアでは、ソロだけでなく、トリオなどでも演奏をしていましたよ。

●(ハクエイ・キムさんへ)オーストラリアはいつまで活動されていたのですか?

ハクエイ・キム:
いまから7年ぐらい前に日本に戻ってきたので・・・、2005年あたりまでオーストラリアで音楽活動をしていました。

◎最近の活動についてお聞かせください。
●主にどのような活動をされていますか?

丈青:
作曲/レコーディングが多いですね。ライブは、昔は月に35本とかやってましたけど、いまは10本ぐらいです。

ハクエイ・キム:
最近はライブが中心で、レコーディングはあまりしていないですね。

●(丈青さんへ)J.A.Mの新作がリリースするのですよね。どのような内容ですか?

丈青:
生産者の意図の伝わるものを作りたかったので、これまでと違うスタジオを使って、もちろん置いてあるピアノも違いますし、ミックスエンジニアやマスタニングエンジニアもこれまでと違う人です。。。なんていいますか・・・、隅々まで(生産者の)意思が感じられる仕上がりというのを突き詰めたのを作りたくて。すごく満足のいく仕上がりになっています。やっていて、とても楽しかったです。

●(ハクエイ・キムさんへ)昨年末に初のソロピアノ・アルバムを出されましたよね。どういった内容ですか。

ハクエイ・キム:
カバー曲があり、スタンダード曲があり、即興曲もあり。。。豊富な内容となっています。とにかくスポンテニアスな内容にしたかった。

●(ハクエイ・キムさんへ)最近のお仕事で印象に残ったことはありますか?

ハクエイ・キム:
先日、葉山のジャズ・フェスに出演したのですが、共演したクリスタル・ケイさん、青山テルマさんの歌唱力が素晴らしくてとても印象に残りました。楽しかったです。実はクリスタル・ケイさんとは昨年レコーディングに参加させてもらいました。

●OFFの時の過ごし方は?

丈青:
海が好きだからよく行ってました。最近は忙しくてなかなか行けてないですね。

ハクエイ・キム:
BSのメジャーリーグ中継を観ること!

●(丈青さんへ)サーフィンなどのスポーツをされているとか?

丈青:
いや、潜ったりすることですね。沖縄とかすごく好きです。最近行ってないですけど。

●(ハクエイ・キムさんへ)本当に野球がお好きなのですね。

ハクエイ・キム:
一時期は本気でプロを目指していましたから(笑)

●音楽以外に興味のあることは?マイブームなどありましたら教えてください。

丈青:
仕事で海外へ行くことが多いのですけど、どこもメジャーどころばかりなので、仕事で行かないようなところへ国内含めて色々と行ってみたいと思いますね。ちょっとかわったところへ行ってみたい。

ハクエイ・キム:
旅行ですね。特にインドへ行きたいです。

◎お二人にご出演いただく「ツイン・ピアノ・デュオ・バトル」について。
●今回使用するローランドさんのV-Piano GRANDは、これまで使用されたことがありますか?

丈青:
今回と同じ機種かわからないけど、このシリーズは弾いたことがありますね。

ハクエイ・キム:
実は今回が初めてなんです。最近はピアノ以外のこういった楽器は使用していないので、とても楽しみです。

●どのような内容になりそうですか?

丈青:
バトルというわけではなく。。。そういう瞬間もあるかもしれないけど。。。どうなるのかな。とにかく、彼とやるのは初めてだから、そういった面白さはあると思う!

ハクエイ・キム:
丈青君とは楽屋でいつも楽しい会話をしていますけど、デュオで一緒に演奏するのが今回初めてなので、彼と音楽でどのような会話ができるのかとても楽しみです。

◎最後に、今後の活動についてお聞かせください。

丈青:
9月にJ.A.Mの新作が出るのでツアーがあったり忙しくなるのと、いまソイル(SOIL &“PIMP”SESSIONS)の制作をやっています。リリースは来年初旬ぐらいになるんじゃないかな。そういった意味では目白押し的な感じではありますけどね。

ハクエイ・キム:
自分のソロやバンドで各地方へ行く予定なので、ぜひ遊びに来てください!