見砂和照と東京キューバンボーイズ

結成70年を経て、レジェンドは更なる高みへ!

1949年、見砂直照(みさごただあき)により結成される。
第二次世界大戦後、日本にマンボ旋風が到来。東京キューバンボーイズは一躍ラテンバンドのスターダムへと駆け上がる。以後、マエストロ見砂氏の情熱と完璧主義は、多くのラテンファンや東京キューバンボーイズファンを生み出し、1980年の解散まで30数年間に渡り、日本のラテンビッグバンドの王座に君臨した。
結成以来、通算300枚以上のアルバムを発表という金字塔を達成したことは、日本のラテン音楽界、またポピュラー界に、多大な影響を与えたことはいうまでもない。
また、見砂直照氏は日本でのキューバ音楽の普及、ひいては両国の相互理解の為に尽力し、多大な功績を残した。1982年キューバ共和国から文化勲章、1983年日本政府から勲四等旭日小綬賞を授与されるなど、“両国友好の永遠のシンボル” と言われた。
2005年、見砂直照の遺志を受け継ぎ、子息である「見砂和照(みさご かずあき)と東京キューバンボーイズ」として正式に活動を開始した。

■Official Site
■Official Facebook
 

 

本公演出演メンバー

 

 
Conductor, Leader
見砂 和照
 

 
Trumpet
ルイス・バジェ
石井 真
城谷雄策
竹内悠馬
 

 
Trombone
大高 實(Concert Mastar)
早川隆章
内田日富
佐々木匡史(btb)
 

 
Saxophone
貫田重夫(as)
斉藤 晴(ts)
加塩人嗣(as)
五十嵐正剛(ts)
武田和大(bs)
 

 
Piano
あびる竜太
Bass
武藤祐二
Drums
矢野顕太郎
Conga
石川 浩
Timbaless
斉藤 恵
Bongo
佐藤唯史