寺井尚子(ヴァイオリン)

Naoko Terai

1988年、ジャズ・ヴァイオリニストとしてプロ・デビュー。以来、寺井尚子ならではの表情ゆたかな演奏スタイルで人気の高いコンサートを中心に、テレビ、ラジオ、CMへの出演や楽曲提供など、ジャズの枠組みだけにとどまらず、幅広く積極的に音楽活動を展開し続けている。ケニー・バロンに招かれてのニューヨークでの初レコーディングから、リシャール・ガリアーノ、リー・リトナー、ボブ・ジェームス、ハービー・ハンコックといった世界的アーティストと国内外のステージで数多く共演を重ね、いずれも好評を博している。寺井尚子の真骨頂たる繊細さと情熱的な表現力を併せ持つ唯一無二の演奏で、世界を舞台に活躍するジャズ・ヴァイオリニストである。
「文化庁芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」(2010年)、「日本ゴールドディスク大賞 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー〈邦楽〉」(2004年)他、受賞。
2020年4月15日、プッチーニの歌劇「トゥーランドット〜誰も寝てはならぬ」や、映画「シンドラーのリスト」のテーマをはじめ、多彩なジャンルの楽曲を寺井尚子の世界観で表現した最新アルバム『Flourish(フローリッシュ)』をリリース。

■Official Site
 


 

北島直樹(ピアノ)

Naoki Kitajima

1977 年、青山学院大学在学中にプロ・デビュー。松本英彦、日野元彦、本多俊之のグループ でレコーディングにも参加。阿川泰子のアルバム「ジャーニー」、「サングロウ」でアレンジを担 当したことがきっかけとなり、CM 音楽の制作、アレンジやスタジオワーク、和田アキ子、岩崎 宏美のツアーやテレビ出演など、多岐にわたる音楽活動を精力的に行う。2015 年 4 月リリース の最新作「エス・ティー・ディー」はじめ、自身のリーダー作を 4 枚リリース。また、寺井尚子 のアルバム「アンセム」、「ヴェリー・クール」はじめ、最新作「フローリッシュ」他に参加、作 曲家・アレンジャーとしても才能を発揮している。1955 年生まれ、静岡県沼津市出身。
 


 

古野光昭(ベース)

Mitsuaki Furuno

東京音楽大学卒業後、プロ入り。 渡辺貞夫グループ、ジョージ大塚グループ、今田勝トリオ を経て、『古野光昭 Expression』を結成。その後、本多俊之スーパーカルテット(日野元彦、本 田竹廣)、ホットセッション(向井滋春、板橋文夫、古澤良二郎)、辛島文雄トリオ、木住野佳子 トリオ、大隈寿男(ds)トリオ等に参加。2000 年、川嶋哲郎(tp)、大坂昌彦(ds)をメンバーに 自己のトリオ「フルノーツ」結成。2004 年から久石譲率いる「ワールド・ドリーム・オーケス トラ」の一員としてレコーディング、ツアーにも参加。また、渋谷心身障害者センターでの慰問 コンサートを 20 年以上続けるなど、ボランティア活動にも意欲的である。日本を代表するベー シストとして、スピード感溢れる4ビートはもちろん、ポップス、クラシックまでも融合する、 挑戦的かつ発展的な活動を続けている。三重県伊勢市出身。
 


 

荒山 諒(ドラム)

Ryo Arayama

通っていた小学校で jazz と drums に出会い、big band jazz にのめり込む。その頃より地域 のイベントや愛知万博、東京ディズニーリゾートでの演奏など、数々のステージを経験。「第11回ハママツ・ジャズ・ウィーク 選抜スチューデント ジャズ フェスティバルin浜松'02」「JAPAN STUDENT JAZZ FESTIVAL 2007」にて個人賞を受賞。その間、神田秀雄、黒田和良両氏に師 事。昭和音楽大学ジャズコース入学と同時に上京、小山太郎氏に師事。昭和音楽大学特別賞を受賞し卒業。レコーディングやライブサポート、ミュージカル等、首都圏を中心に活動中。2015 年より「寺井尚子カルテット」に参加。1991 年生まれ、愛知県名古屋市出身。