コンサート情報


PDF

2017年12月12日(火)
川島ケイジ スペシャル・コンサート2017
-Keiji Sings "BALLADS"-

開場18:30 開演19時00分(終演予定20時45分)

出演者

川島ケイジ(vo/g)
ハクエイ・キム(p)
豊田 稔(perc)


Event Info

公演名

川島ケイジ スペシャル・コンサート2017
-Keiji Sings "BALLADS"-

"今人(imagine)から始まる"ロックでアダージョな川島ケイジの世界
由緒あるサントリーホール ブルーローズの舞台に立つという言う事は僕にとってとても意味のある事です。サントリーがバイオ技術によって不可能の代名詞と言われて来た新品種の「青いバラ」を開発。新たな挑戦の舞台としてこの名が付いたと聞いて、今の自分の気持ちにリンクするこの上ない舞台が整ったことを光栄に思っています。不可能を可能に」シンプルな編成で歌と真摯に向き合い生まれる、新たな川島ケイジを観にいらして下さい。

日 時 2017年12月12日(火)
開場18:30 開演19時00分(終演予定20時45分)
会 場 サントリーホール ブルーローズ [会場地図]
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩5分 / 銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩10分
料 金
6,900円(全席指定/税込)※当日500円up ※未就学児不可
JPMAフレンズ・クラブ プレミアム会員(個人・法人)10%割引き
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 10月2日(月)~10月4日(水)
一般販売10月14日(土)
チケット発売 ◎日本ポピュラー音楽協会:TEL 03-3585-3903(平日10:00~18:00)
             WEB予約 http://www.jpma-jazz.or.jp/
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:341-941
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:70104
         (オペレーター対応0570-000-777)
◎e+:http://eplus.jp/
◎CNプレイガイド:0570-08-9999 〔オンライン・チケット予約〕PC/携帯
運営 主  催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会 (JPMA)
後  援:株式会社エフエム東京、ユニバーサルミュージック合同会社
協  力:一般社団法人日本ビジュアル著作権協会
制作協力:株式会社クリームインターナショナル
お問い合わせ 一般社団法人日本ポピュラー音楽協会 (JPMA)
 TEL 03-3585-3903 FAX 03-3585-3915(平日10時00分~18時00分)
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
 HP http://www.jpma-jazz.or.jp
 E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp
  • 川島ケイジ(vo/g)
    和歌山県出身。類稀なる声、魂から生まれる歌唱、そして抜群の存在感を兼ね備えロックを基本としながらも歌心を大切にしたボーカルスタイルは幅広い世代から熱い支持を受けている。2015年1月Chage 主催「Chage fes 2015」にスガシカオ、矢井田瞳らと共に出演し約2000人の観客を魅了した。同10月「THEカラオケ★バトル2時間スペシャル〜最強男子ボーカリスト決定戦〜」に出場し「Woman“Wの悲劇”より」を歌い話題となり、YouTubeにアップした動画の再生回数は1日で2万回を超えるほどの反響を得て、Webの急上昇ワードランキングで3位にランクインするなどの脚光を浴びる。12月 同番組に出演。2016年3月には「THE カラオケ★バトル プロ激オシ!歌うま選手権にChageの推薦で出場し『Chageが“必ず世に出てくる人物”』と絶賛するコメントが紹介された。また自身のオリジナル楽曲「手紙サンシャイン」がJ:COM関西「トップの言魂」のエンディングテーマとなり「Woman“Wの悲劇”より」がBS-TBS「Time is Life 〜トキメキの時〜」が2月度のエンディングテーマとなる。2016年8月31日ユニバーサルミュージックから満を持してメジャーデビューを果たし、今その活躍ぶりが最も注目されているアーティストである。


  • ハクエイ・キム(p)
    韓国人の父と日韓ハーフの母のもと、京都市に生まれる。5歳の頃からピアノを始める。94年YAMAHA主催「ティーンズミュージックフェスティバル札幌」において、"ベストキーボーディスト"を受賞。高校卒業後、オーストラリアへ渡り、シドニー大学音楽院(Sydney Conservatorium of Music, the University of Sydney)に入学。2005年、11年に渡る滞在後帰国。同年5月にDIWよりデビュー・アルバム「Open the Green Door」を発表し、国内のみならず、フランスのジャズ誌「JAZZMAN」で4つ星の高評価を受ける。2011年、日本ジャズシーンを担うTrisonique /トライソニーク(ハクエイ・キム(p)、杉本智和(b)、大槻“KALTA”英宣(ds))を結成。2015年に11月には韓国の伝統音楽家、ミン・ヨンチ率いる 『新韓楽』とトライソニークによるコラボレーション・アルバム 「HANA」をジャズの名門「Verve」(ヴァーヴ) より発表する。本年9月トライソニークで「デトロイト・ジャズ・フェスティバル 2016」に出演。“K-JAZZ王子”の異名をとる人気者で、繊細で確かなテクニックとジャンルを問わないアレンジ能力が話題となりジャズ界のみならず、様々な音楽ジャンルからも注目されている。


  • 豊田 稔(perc)
    千葉県柏市出身のカホン奏者。クラブ・ミュージック全般に影響を受けたシャープさと、なによりも「歌」を大切にする演奏は様々なシンガーから愛され、カホンを中心とした独創的なセットはドラムとパーカッションを折衷したようなサウンドと称される。2014年「NHK紅白歌合戦」にて、西野カナ『Darling』にカホンで参加。「あの椅子を叩いている奴は誰だ?」と話題になる。 2015年から自主企画ライブイベント『One and Only』を主催。全くジャンルの異なるアーティストを複数組招聘した同イベントは、毎回好評を博している。西野カナ、Spinna B-ILL、Nao Yoshioka、川島ケイジ、石川綾子、MASSAN×BASHIRY、ルンヒャン&ハ・ミョンス、AKIHIDE(BREAKERZ) 、COMA-CHI、黒沢薫(ゴスペラーズ)など、様々なアーティストのライブやレコーディングに参加している。


■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ