コンサート情報


PDF

2017年8月26日(土)
第49回サマージャズ
JAZZが初めて録音・発売されてから100年!「サマージャズ」49年目の夏。最強アーティストが繰り広げる夢の共演JAZZバトル!

開場14時00分 開演15時00分(終演予定19時00分)

出演者

高木里代子(p&key)|トライソニーク[ハクエイ・キム(p)/ 杉本智和(b)/ 大槻“KALTA”英宣(ds)]|川島ケイジ(vo&g)|小沼ようすけ(g)|寺井尚子(vl)|今田 勝(p)|エイジ・スクエア[北村英治(cl)/ 谷口英治(cl) /高浜和英(p)/ 山口雄三(b)/ 八城邦義(ds)]|角田健一ビッグバンド|スペシャルゲスト:荻野目洋子(vo)|司会:森口博子


Event Info

公演名 第49回サマージャズ
日 時 2017年8月26日(土)
開場14時00分 開演15時00分(終演予定19時00分)
会 場 文京シビックホール 大ホール [会場地図]
東京メトロ 丸の内線・南北線「後楽園駅」直結 / 都営三田線・大江戸線「春日駅」直結
料 金
S席6,500円 A席5,500円 B席4,500円(全席指定/税込)※当日券 500円アップ
JPMAフレンズ・クラブ プレミアム会員 (個人・法人)10%割引き
チケット発売日 JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 5月15日(月)~17日(水)
一般チケット発売 5月22日(月)
チケット発売 ◎日本ポピュラー音楽協会
 TEL 03-3585-3903(平日10時00分~18時00分)
  WEB予約
チケットぴあ
 TEL 0570-02-9999【Pコード:329-025】
ローソンチケット
 TEL 0570-084-003【Lコード:74713】 | 0570-000-777(オペレーター対応)
◎e+
 http://eplus.jp/
◎CNプレイガイド 0570-08-9999
 CNプレイガイド〔オンライン・チケット予約〕PC/携帯
運 営 主催:一般社団法人日本ポピュラー音楽協会
協賛:一般社団法人日本ビジュアル著作権協会
   TCSホールディングス株式会社
   株式会社山の上ホテル
お問い合わせ 一般社団法人日本ポピュラー音楽協会 (JPMA)
 TEL 03-3585-3903 FAX 03-3585-3915(平日10時00分~18時00分)
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
 HP http://www.jpma-jazz.or.jp
 E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp

芸能生活32年!みんなに愛され続け、ピュアな魅力と抜群の歌&トークが最高です★

  • 森口博子(mc & vo)
    '85年「機動戦士Zガンダム」の主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビュー。音楽活動と並行し、バラエティ・ラジオ・CM・舞台等幅広く活躍。'91年、「ETERNAL WIND」が初のベスト10入りを果たす。同年から6年連続NHK「紅白歌合戦」に出場。昨年、劇場版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」の主題歌「宇宙の彼方で」がGYAOの動画サイトで1位、ハイレゾ配信では4位にチャートイン。近年ではジャズライブにも定期的に挑戦している。


荻野目ちゃんジャズフェス初登場!パンチの効いた歌声と透明感溢れる美しさで輝き続ける永遠のアイドル!

  • スペシャル・ゲスト:荻野目洋子(vo)
    中学3年、オーディションで受かったアニメ「みゆき」の声優の仕事を始める。堀越高校1年の春、歌手としてデビュー。17歳の秋にリリースした7枚目のシングル「ダンシング・ヒーロー」で初のベストテン入り。 翌年にはアルバム「ノンストッパー」でオリコン年間売上1位を取り、一方では映画やドラマ、CMにも多数出演。現在は子育てをしながら毎年ライブ活動も行っている。2017年5~6月「YOKO OGINOME LIVE TOUR 2017」を開催。


マルチな才能で強烈な個性と知性を合わせ持ち、ニュースタイルの魅せるJAZZをおとどけします!

  • 高木里代子(p&key)
    1984年9月20日、東京生まれ。4歳からピアノを学び、慶応大学時代にはライブハウスやクラブで演奏を始める。卒業後、クラブ系ユニット「INNER CITY JAM ORCHESTRA」での演奏が注目される。15年9月「東京JAZZ」に2日間出演、大きな話題になる。16年「ザ・デビュー!」でメジャーデビュー。スタンダードから自作、アコースティックからエレクトロ、スイングからEDMと、全てにおいて振れ幅の大きなエネルギー感で圧倒する。


繊細と超絶さを合わせ持つハクエイ氏率いる気鋭ミュージシャンのインプロヴァイズを!

  • トライソニーク
    [ハクエイ・キム(p)、杉本智和(b)、大槻KALTA英宣(ds)]

    ハクエイ・キム(Piano / Music Director)
    韓国人の父と日韓ハーフの母のもと、京都市に生まれる。高校卒業後、シドニー大学音楽院に入学。デビュー・アルバム「Open the Green Door」が国内外で高評価を受ける。2011年、日本ジャズシーンを担うトライソニークを結成。韓国の伝統音楽家ミン・ヨンチ率いる 新韓楽とのコラボレーション・アルバム 「HANA」をジャズの名門「Verve」より発表。「デトロイト・ジャズ・フェスティバル 2016」など出演多数。様々なジャンルにおいて注目されている。

    杉本智和(Bass)
    高校時代よりエレキベースを始め、叔父の影響でジャズに興味を抱きウッドベースをはじめる。バークリー音楽院を卒業後、NYに渡り様々なセッションを重ねる。帰国後は諸先輩方にめぐまれ、後のKAIMAの母体となる岡ばんどに参加。大坂昌彦、大西順子、秋山一将、綾戸智絵等と共演。傍ら、日野皓正、Monday満ちる、Calm、Kyoto Jazz Massive、菊池雅章、ケイ赤城などのライブ、レコーディングに参加し、精力的に活動している。

    大槻"KALTA"英宣(Drums)
    新宿生まれ。3歳から電子オルガン、7歳からクラシックピアノ、10歳からドラムを始める。学生時代からプロドラマーとしての活動し、様々なバンドを経験する傍ら、20歳の時にはドラム・インストラクターとしても活動(現在は退任)。2002年には島谷ひとみ「亜麻色の髪の乙女」の編曲者として日本レコード大賞・金賞を受賞。また、教則DVDも好評を得ている。共演者は国内外問わずジャズ界を中心に多数にのぼる。


Chageイチ押しのシンガーソングライターが昨年「KEIJI」でメージャーデビューを果たす!圧倒的歌唱力で存在感を放つ!

  • 川島ケイジ(vo&g)]
    '15年「Chage fes 2015」に出演、同10月「THEカラオケ★バトル 最強男子ボーカリスト決定戦」に出場。動画サイトの再生回数が1日で2万回を超え、Webの急上昇ワードランキングでは3位に。'16年、ユニバーサルミュージックからメジャーデビュー。本年4月、東京初のホールワンマンコンサートをSold outさせ、5~6月Chage全国ツアーにゲスト出演。ロックを基本としながらも歌心を大切にしたvoスタイルは幅広い世代から熱い支持を受けている。


海外アーティストとの共演多数!完璧テクと癒しのオーラがオーディエンスを魅了する凄腕ギタリスト!

  • 小沼ようすけ(g)
    '01年SONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。現在までに10枚のリーダー作品をリリース。'16年パリでレコーディングした最新作「Jam Ka Deux」は、フレンチ・カリビアンのジャズ・ミュージシャンと独自の世界観を展開し、パリ公演の他、日本ではブルーノート東京を含む3箇所でリリース・ライブを行う。様々な国を旅して得たワールドミュージックの要素を採り入れながら、自身の名前の由来である海をキーワードに世界を繋ぐ創作活動を続ける。


世界的に活躍するジャズ・ヴァイオリンの第一人者が奏でる官能美あふれる旋律を!

  • 寺井尚子(vl)
    1988年、ジャズ・ヴァイオリニストとしてプロ・デビュー。独自の表情豊かな演奏スタイルでコンサートを中心に、テレビ、CMへの出演や楽曲提供など、ジャズの枠組みだけにとどまらず、幅広く音楽活動を展開し続けており、世界的アーティストとも数多く共演、好評を博している。「文化庁芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」(2010年)など受賞多数。2017年、アストル・ピアソラ没後25年に向けて、最新作「Piazzollamor」を発表。


モダンからフュージョンまで鍵盤を自在に操るジャズピアノのレジェンド!49回全公演制覇!

  • 今田 勝(p)
    明治大学卒業後、ピアノトリオを中心にスタンダード・ジャズや、フュージョン・グループ「NOW'IN」でオリジナル曲の演奏活動を行う。NYにてデビット・サンボーン、スティーブ・ガット等とレコーディングした他、グローバー・ワシントンJR、スティーブ・カーン・グループ等と制作したフュージョン・アルバムはレコードヒット賞を受賞し、その他受賞多数。日本最古のジャズフェス「サマージャズ」は第一回から全て出演。


音楽生活66年★北村英治さんの演奏、品格、その立ち振る舞いの全てがジャズ界のお手本です!

  • エイジ・スクエア
    [北村英治(cl)、谷口英治(cl)、高浜和英(p)、山口雄三(b)、八城邦義(ds)]

    北村英治(cl)
    1929年東京都生まれ。慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでプロデビュー。1977年モンタレージャズ祭(米国)に招かれ大好評を博し、以来アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリア等の大ジャズ祭に数多く出演し、世界的ジャズクラリネット奏者として活躍している。2014年4月英国のジャズジャーナル誌の表紙を飾る。2007年4月旭日小綬章受章。2016年4月米寿記念コンサートをサントリーホールで開催。

    谷口英治(cl)
    1968年北九州市生まれ。早稲田大在学中よりクラリネットの新鋭として注目を浴び、米国コンコード、豪州マンリーほか国内外の多くのジャズ祭に出演し、2005年にはクラリネットの世界最高峰であるバディ・デフランコとエディ・ダニエルズとの共演を果たす。ジャズ以外にもラテン、吹奏楽、クラシック、民俗音楽にいたるまでクラリネットミュージックの領域を広げている。

    高浜和英(p)
    1955年福井県生まれ。小学校時代クラシックピアノを習い、10代半ばでアマチュアロックバンドでギターやベースを演奏。75年赤坂プリンスホテルでデビュー。ジャズ・ヴォーカルへの興味からコーラスグループ「ロミ&ジョーカーズ」で83年レコードデビューし、テレビ出演やジャスクラブ等で活躍しつつも、古典的ジャズピアノへの傾倒を深める。現在、中国の胡弓奏者との共演など幅広い演奏活動の傍ら、ジャズスクールの講師を勤める。

    山口雄三(b)
    1952年東京生まれ。東京理科大学在学中からジャズベースを始め、卒業後 宮之上貴昭のバンドでプロ入り。村田浩のバップバンド、大井貴司率いるグッドバイブレーションなど、多くのグループとセッションし、2002年より北村英治のバンドに参加している。趣味の良いランニングとモダンなソロに加え、人柄の良さが多くのファンを引き付けている。

    八城邦義(ds)
    1959年東京都生まれ。中学在学中よりジャズドラムを始め、17才でプロデビュー。八城一夫(父)のトリオをはじめ、数多くの一流バンドで活躍する一方、スタンリー・タレンタイン、ルー・タバキン、スコット・ハミルトン等、来日アーティストとの共演も多い。1996年9月、北村英治スーパークインテットの一員として、モンタレー・ジャズフェスティバルに出演し、アメリカのジャズファンを魅了し、以後国際的に活躍している。


結成27年。ビッグバンドよ永遠に!をモットーに、王道のビッグバンド・サウンドを牽引し続ける。

  • 角田健一ビッグバンド
    1990年結成。レパートリーのすべてを角田が作、編曲、“スイングから武満徹まで”と幅広く、ビッグバンドの魅力を余す事なく表現している。デビット・サンボーン、シャーリー・バッシーなどと共演。CDは9枚、その内3枚は米国シーブリーズレコード社より全米リリース。定期公演は結成時から毎年開催し、「もうひとつの武満徹」が平成19年度文化庁芸術祭の優秀賞を受賞。学校鑑賞教室も積極的に行いジャズの普及にも力を入れている。

    角田健一(con & arr & tb)
    田中哲也 / 松木理三郎 / 鈴木正晃 / 宮本裕史(tp)
    中路英明 / 滝本尚史 / 中山雄揮 / 高橋英樹(tb)
    川崎敦史 / 鈴木直樹 / 川村裕司 / 吉本章紘 / 丹羽康雄(sax)
    板垣光弘(p)
    古西ただあき(b)
    丹 寧臣(ds)
    佐久間和(g)


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ