コンサート情報


PDF

2016年12月02日(金)
LATIN & JAZZ FESTA -EAST vs. WEST-

見砂和照と東京キューバンボーイズ(since 1949)
アロージャズオーケストラ(since 1958)

開場15時15分 開演16時00分(終演予定 18:30)

出演者

見砂和照と東京キューバンボーイズ|アロージャズオーケストラ|ゲスト:北村英治(cl)・今 陽子(vo)|総合司会:露木 茂|監修・指揮(合同演奏):見砂和照


Event Info

公演名

LATIN & JAZZ FESTA -EAST vs. WEST-

見砂和照と東京キューバンボーイズ(since 1949)
アロージャズオーケストラ(since 1958)

最強の実力を誇る東西の雄。ペレス・プラードやザビア・クガートが巻き起こしたラテン・ブームにのり一躍人気バンドとなった東京キューバンボーイズ。古き良き時代のスウィング・サウンドを象徴するグレン・ミラー・サウンドの王道をいく、アロージャズオーケストラ。それぞれのスタイルが炸裂するビッグバンド東西対決で新たなる進化に挑戦する!

日 時 2016年12月02日(金)
開場15時15分 開演16時00分(終演予定 18:30)
会 場 文京シビックホール 大ホール [会場地図]
東京メトロ 丸の内線・南北線「後楽園駅」直結 / 都営三田線・大江戸線「春日駅」直結
料 金 S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円(全席指定/税込)※当日500円up
チケット発売日 一般販売9月26日(月)
JPMAフレンズ・クラブ会員 先行受付期間 9月5日(月)~7日(水)
チケット発売 ◎日本ポピュラー音楽協会:TEL 03-3585-3903(平日10:00~18:00)
             WEB予約 http://www.jpma-jazz.or.jp/
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:308-223
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:75290
         (オペレーター対応0570-000-777)
◎e+:http://eplus.jp/
◎CNプレイガイド:0570-08-9999 〔オンライン・チケット予約〕PC/携帯
◎Confetti (カンフェティ) 0120-240-540(10時00分~18時00分)
 予約後すぐに、お近くのセブン-イレブンでチケットを受け取れます。
 代金はチケット受け取りの際にセブン-イレブンでお支払いいただきます。
 
楽天チケット
運 営 主催:一般社団法人 日本ポピュラー音楽協会 (JPMA)
協賛:TCSホールディングス株式会社 / 株式会社山の上ホテル
協力:一般社団法人 日本ビジュアル著作権協会
制作協力:HOT STUFF PROMOTION
お問い合わせ 一般社団法人日本ポピュラー音楽協会 (JPMA)
 TEL 03-3585-3903 FAX 03-3585-3915(平日10時00分~18時00分)
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17-910
 HP http://www.jpma-jazz.or.jp
 E-MAIL info@jpma-jazz.or.jp
  • 合同演奏
    見砂和照と東京キューバンボーイズ(since 1949)
    アロージャズオーケストラ(since 1958)
    監修・指揮:見砂和照


  • 見砂和照と東京キューバンボーイズ(since 1949)
    1949年、見砂直照氏により結成される。東京キューバンボーイズは一躍ラテンバンドのスターダムへと駆け上がる。結成以来、通算300枚以上のアルバムを発表。1982年、キューバ共和国から文化勲章、1983年、日本政府から勲四等旭日小綬賞を授与されるなど、“両国友好の永遠のシンボル”となり、2005年、キューバ政府の招聘公演を期に子息である和照(かずあき)氏が新生「見砂和照と東京キューバンボーイズ」として正式に活動を開始した。2014年は結成65周年を迎え、2015年は新生キューバン10周年を迎えた。


  • アロージャズオーケストラ(since 1958)
    結成60年近くを誇る関西ジャズ界の名門老舗バンド。1958年若きピアニスト・北野タダオにより、当時大阪キタの最高級のナイトクラブ「クラブアロー」の専属バンド「北野タダオ&アロージャズオーケストラ(AJO)」として結成。「クラブアロー」閉店後も演奏活動を継続、92年には「AJOミュージックスクール」を設立、95年より年間4~5「定期演奏会」を大阪・京都・神戸・東京で開催、その回数は110回(16年8月現在)を数え、現在我が国で最も充実した演奏活動を継続しているプロビッグバンドとして高く評価されている。08年6月創設者の北野タダオの引退に伴い、宗清洋(トロンボーン)をリーダーとして、バンド名を「アロージャズオーケストラ(AJO)」と改め、鋭意活動を続けている。発表CDは、95年「Bopularity」、01年「Color Of The Moment」、10年「J.J.Standard」、11年「J.J.Standard Ⅱ」、13年「J.J.Standard Ⅲ」。


  • ゲスト:北村英治(cl)
    1929年東京都生まれ。慶応大学在学中にクラリネットを学び、1951年南部三郎クインテットでプロデビュー。1954年に自己のバンドを結成し、以来国内外で幅広い演奏活動を行っている。1977年モンタレージャズ祭(米国)に招かれ大好評を博し、以来アメリカはもとより、ヨーロッパ、オーストラリア等の大ジャズ祭に数多く出演し、世界的ジャズクラリネット奏者として活躍している。2011~14年、ノリッジジャズパーティー(英国)に連続出演し、英国のジャズ誌ジャズジャーナル2014年4月号に「北村英治のジャズ人生」の記事が掲載されると共に表紙写真となり、英国のジャズファンにも親しまれている。2007年4月、旭日小綬章受章。本年4月、米寿記念コンサートをサントリーホールで開催。


  • ゲスト:今 陽子(vo)
    幼少よりジャズ・ポップスを好み、作曲家いずみたく氏に師事し、15歳でソロデビュー。16歳でピンキーとキラーズを結成すると、デビュー曲「恋の季節」がダブルミリオンを記録し、17週連続でオリコン1位となり、数々の音楽賞を受賞。解散後、1981年に単身渡米し、ニューヨークで歌・ダンス・語学などを勉強する。帰国後は、ミュージカル、舞台、ライブ、テレビなど活動の幅は多岐に渡り、歌手生活50周年となる今年は、記念CD「ピンキーの女唄」をリリースし、コットンクラブでのライブの他、様々なライブ・イベントにて活躍中である。


  • 総合司会:露木 茂
    フジテレビ入社以来38年間、報道番組、音楽番組、バラティー番組のMCなどで活躍。2002年4月よりフリーとなりTBS「おはよう!グッデイ」メインキャスターを務め、政治、芸能、スポーツなど、広く対応出来るキャパシティーの広さが魅力。


※都合により急きょ出演者の変更がある場合がございますのでご了承ください。

■公演に関するお問合せ、最新情報は下記よりご確認ください。
HP: http://www.jpma-jazz.or.jp
Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation
Blog: http://ameblo.jp/jpma-jazz/
Twitter: https://twitter.com/jpmajazz
Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ